第1 第一印象

 ハイブリッド合格塾。怪しい。(1)最近、流行りの縦長のサイト作りに、(2)「高速学習法」、(3)「記憶術&学習術」、(4)異様に少ない講義時間。これらは、多くの司法書士受験生(以下、学習の進度に応じて単に「初学者」「中上級者」という。)が感じることではないでしょうか。初学者狙いの商売なのかな。

 

第2 考察(?)

 私は、択一に関しては、伊藤塾時代の向田先生の講義のテキスト(市販では、「うかる! 司法書士 必出3000選」という名称)のお陰で合格できたといっても過言はありません。したがって、向田先生の実力は、素晴らしいものだと思いますし、伊藤塾を出ても、これからも素晴らしい司法書士試験用の(実務でも役立つ)テキストを作成していくことでしょう。

 一方で、ハイブリッド合格塾で、初学者向けの講座しか見当たらないことに疑問を感じました。向田先生の得意な分野は、初学者ではなく、中上級者講座のように思えます。たしかに、初学者の講座は、客単価が高いので、一度ヒットさせることができたら、大儲けできそうです。しかし、伊藤塾の蛭町先生が初学者の講座に手を出さないで、ひたすら司法書士試験の記述式の講義を極めるように、向田先生も司法書士試験の択一式の講座に極めた方が良いのではないでしょうか。

 私は、世間で、『「司法書士試験の択一式の講座」は向田だよね』というようになってから、向田先生は、初学者の講座を開講すれば良かったと思います。たしかに、「うかる! 司法書士 必出3000選」は大ヒットしました。しかし、それは、伊藤塾の向田だからこその大ヒットだったのかもしれません。伊藤塾を出て新しく新規顧客を開拓(入門講座を開講)するよりは、まずは既存の客を持っていくこと(中上級者講座の開講)が大事なのではないでしょうか。

 ・・・とりあえず、色々と生意気に考えてみましたが、ご健勝ご活躍をお祈りいたします。

■他の人のブログを見る ■当ブログを応援する 方はクリック ↓
☆にほんブログ村:司法書士試験 司法書士 借金・借金苦
★人気ブログランキング:司法書士 相続手続き 法律相談