そろそろ司法書士試験ですね。私は,今でも,本格的な夏が近づくこの時期になると,今でも緊張して眠れなくなります。

 大学4年生のときに,あと数問(択一で言うと4問~5問くらい?)正解したら,合格しそうだったのに不合格だったことや,その年の,(不)合格発表日に,当時の彼女(現在の妻)にその話をしたら,彼女から「全然まだまだ努力が足りないんじゃないの?」「そんなんで,オシイと思っているから受からないんじゃないの?」と追い打ちをかけられたことについては,今でも忘れられません。

 司法書士試験は,司法書士試験の勉強をしたことがない方には,わからない厳しさがあります。司法書士試験ではミスができません。相田みつをは,「にんげんだもの」と言って慰めてくれますが,司法書士試験は,機械のような人間を求めています。また,あの膨大な勉強量をたったの5時間の試験で合否を判断されるのにも,理不尽さを感じます。さらに,受験会場で,周りの受験生を見渡すと,受験前なのに既に精神的に参っているような人が,結構いました。思い出したくないけど,この時期には,思い出してしまいます。

 さて,受験生の方は,「択一の肢の判断方法」などテクニック的なことも完璧でしょうか。あと,2週間くらいですね。私は,合格した年は,超直前期は,病気でずっとダウンしていました。超直前期の前に,仕事と勉強をしすぎて,疲労が溜まっていたのでしょう。

 受験生の皆さんも,体調管理には十分気をつけて,本試験まで,集中力を保ちましょう。頑張ってください。

 ちなみに,合格後は,新人研修が昨年までと大きく(?)変わりますので,日司連のホームページをネットで見たり,研修を受講する地を管轄する司法書士会に問い合わせたりして,確認しましょう。


〈ご注意〉
・本ブログの内容はブログ投稿時の法令等に基づくものです。
・本ブログの内容は予告なく変更・削除する場合があります。
・内容は精査しているつもりですが,情報の利用は自己責任にてお願いいたします。

■他のブログを見る ■当ブログを応援する
☆にほんブログ村:司法書士試験 司法書士 借金・借金苦
★人気ブログランキング:司法書士 相続手続き 法律相談
司法書士試験あんてな~有名講師によるブログのまとめサイト~