私が働きながら司法書士試験に合格できたのは、択一に関しては、『択一直前総整理講座』のお陰です。択一直前総整理講座は、もともと伊藤塾の向田先生の講座だったのですが、最近、向田先生が伊藤塾を出て、新しく塾を立ち上げたので、講師は「北谷馨」先生になっているそうです。

 この講座の特徴は、講義が素晴らしいというよりも、テキストが優れています(北谷先生の講義は聞いたことありませんが。)。私は、このテキストには講義は必要がないと思います。なぜなら、(1)このテキストを使えるだけの実力があれば、講義は必要ないし、(2)このテキストを使えこなせないのであれば、まずは、基本テキストを読むなり、基本的な定義等を頭に入れてから、このテキストを使うべきだからです。

 そういえば、よく、このテキストの使用方法を間違っている方がいらっしゃいます。

 それは、このテキストにある肢別問題集を中心に解いてる方です。このテキストは、問題集ではありません。このテキストの肢別問題集を解いても損はないでしょうが、このテキストの肢別問題集のみでは、問題集としては、量が少なすぎます。問題集は、やはり過去問の全肢に頼るべきでしょう。

 このテキストの真髄は、表にあります。このテキストの表を全て覚えましょう。もちろん、写経する必要はありません。昨日お伝えしたように、過去問の肢を解いてる際に、このテキストのどこに、その過去問の肢の解説(解答)が載っているかを瞬時に判断できるようにするのです。つまり、過去問は、問題集にし、このテキストは、解説集とするのです。

 これができていれば、少なくとも、択一では、基準点+4問程度は、得点できるはずです。運がいいと、私みたいに午後択一満点が取れます。

 なお、私は、過去問とこのテキスト以外は、LECやWセミナーの模試で出題されたこのテキストに記述のない論点表を数ページ挟み込んだだけで、特に他の問題集や参考書を使っていません。

下記のとおり、伊藤塾講座「択一直前総整理」と市販版「必出3300選」のどちらを選ぶか迷っております。どちらが良いでしょうか? なお、現在は、他の予備校で基本講座を受講中です。

①塾の講座資料
■市販版よりも問題数・論点数も多い。
 ただ、若干資料が増えるだけで60000円の価値があるのか不明。
■形式面ですが、B5サイズなので、他の資料も差し込み情報の一元化が楽。

②市販版
■3000選から3300選となり、論点数は増えた。その意味でより点がとりやすい?
■当然、講座資料よりも情報量はすくないため、塾生とは差がついてしまう。
■講師の方の「これのみでは基準点超えは難しい」との説明が気になる。
■旧3000選から3300選の改訂となり、旧3000選の紙面では「これのみで十分」と謳いながら、3300選では「Aランクは揃えました。正しい努力の方向性を示してます」のみ言い、何だが事前言い訳と商業主義を感じてしまいます。(Aランクは揃えました、あとはどうするかは自己判断。不安に感じたら伊藤塾を利用してねという意図も…)
■一方、旧3000選を使用者で合格者の方も、これだけで十分と掲載されていますので悩ましいです。

 申し訳ございませんが、精査したことがないので、断言しかねますが、基準点を超えるか否かだけで判断すると、3000選でも大丈夫なはずです。よって、3300選でも大丈夫なはずです。
 ただ、私が受験生だったら、「択一直前総整理」の講座を受講します。その理由は、他の資料の差込が簡単だからです。特に、まだ、基礎講座を受講中ということは、3300選や「択一直前総整理」に記載されていない“試験では直接問われないけど覚えておいた方が良い基礎的な表や解説”も多いと思いますし、現段階では、解説講義なしでは、表自体も上手に使いこなせないのではないかなとも思います。
 なお、肢別問題の数に関しては、「択一直前総整理」の方が多いかもしれませんが、あまり気にするところではないと思います。上記、本文でも述べているとおり、右側の表が大事なテキストであり、左の肢別問題は、過去問で頻出の絶対に落としてはいけない肢です。この肢さえ間違うようなら基準点にさえ届かないでしょうし、合格にはまだまだ遠いです。択一に関しては、最終的には、過去問の全肢を解説できる(or表のどこに書いてあるかを思い出す)ようにするのが目標であり、「択一直前総整理」にしても3300選にしても、そのための道具に過ぎません。もっとも、基礎講座を受講中に過去問を解いて覚えるのは大変なので、「択一直前総整理」や3300選の肢だけは完璧にするという使い方ならば有用かなとも思います。
 よって、私は、(お金の問題は残りますが、)「択一直前総整理」の講座を受講した方が良いと思います。

■他のブログを見る
☆にほんブログ村:司法書士試験 司法書士 借金・借金苦
★人気ブログランキング:司法書士 相続手続き 法律相談
司法書士試験あんてな~有名講師によるブログのまとめサイト~