愛知県名古屋市で遺言・相続、借金問題、成年後見なら司法書士なかしま事務所!

「離婚に基づく財産分与」による名義書換

「離婚に基づく財産分与」による名義書換

 離婚をした人の一方は、離婚の相手方に対して財産分与を請求することができます。そして、分与した財産が不動産である場合、財産分与による所有権移転登記(名義変更)をします。

 財産分与による不動産の名義変更登記ができるのは、離婚成立(離婚届の提出)の後です。とくに、協議離婚の場合には、離婚届を提出してしまった後になって、相手方に登記手続きへの協力を求めるのが難しい場合もあるでしょう。

 離婚協議書の作成、登記必要書類の準備など、事前に済ませておくことがあります。離婚届を出してしまう前に、まずは司法書士にご相談ください。

 お見積りは無料となっておりますので、お気軽にお問い合わせください。

 

ご依頼の流れ

1.事前相談・お見積り
 財産分与する不動産(戸建て・マンション)、移転予定日など、登記をするにあたり確認すべきことがございますので、まずはご連絡ください。ご連絡方法は、電話、メール、ファックスどれでも対応しております。
2.打ち合わせ
 財産分与する不動産、対象者、移転予定日などをお聞きします。また、詳細な内容も確認する必要があるため、相手方の連絡先も教えていただく場合がございます。
3.書類作成および取集
 お客様と打ち合わせした内容をもとに、登記に必要な書類を作成していきます。事案により書類を収集することもございます。
4.署名押印
 登記書類に署名押印いただきます。この時に登記費用をお支払いただきます。
6.登記申請
 決済が終わりましたら法務局へ登記を申請いたします。
7.登記完了
 登記はおおむね1週間前後で完了します。
8.書類のお渡し
 登記が完了しましたら権利証などの登記関係書類をお客様にお渡しいたします。

法律問題・登記の窓口

お気軽にお問い合わせください。 TEL 050-5891-6050 受付時間 9:30 - 18:30(土・日・祝日も可)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

法律問題・登記の窓口

PAGETOP
Copyright © 司法書士なかしま事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.