愛知県名古屋市で遺言・相続、借金問題、成年後見なら司法書士なかしま事務所!

「公告方法」の選択

公告方法には3種類あるようですが、どの公告方法を選ぶのが良いですか?
●官報に掲載する方法
 「官報」とは、いってみれば「国の機関誌」です。既存の会社(中小企業)のほとんどは、官報に掲載する方法を選択しております。これは、掲載するコストや手続きを考慮した結果だと思われます。
●日刊新聞紙上に掲載する方法
 新聞公告は、日刊の新聞紙であれば、全国紙でなくても地方紙でもかまいません。しかし、公告掲載料金が官報より高額になるため、中小企業ではあまり利用されません。
●インターネット上で公開する方法(電子公告)
 インターネット上で公告をする方法です。一見簡単そうに思えますが、公告の期間中インターネット上に掲載されていたことを証明するために、調査委託をしなければならない場合もあるので注意が必要です(決算公告を除く)。そして、登録調査機関の調査には、官報掲載に比して高額な費用が必要となります。

法律問題・登記の窓口

お気軽にお問い合わせください。 TEL 050-5891-6050 受付時間 9:30 - 18:30(土・日・祝日も可)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

法律問題・登記の窓口

PAGETOP
Copyright © 司法書士なかしま事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.