月決め駐車場に約40分間無断駐車した女性に所有者が200円の損害賠償を求めた訴訟で、大阪地裁(比嘉一美裁判長)が女性に200円の支払いを命じていたことがわかった。

 原告は弁護士をつけずに提訴。費用は5000円以上かかったが、「年間100台くらいの無断駐車があり、やめてもらうために訴えた」と話している。

 14日に言い渡された判決によると、女性は昨年3月、大阪府摂津市内の駐車場に軽乗用車を無断で止めた。

 女性側は「駐車場ではなく空き地。車を止めたからといって所有者に損害は発生しない」と主張。比嘉裁判長は「所有者には自分の土地を承諾なく利用されない権利がある」と、これを退け、近隣のコインパーキングの料金から「40分間」の損害額を算定した。
http://news.livedoor.com/article/detail/12420103/

 200万円ではなく,20000円でもなく,200円です。費用は,印紙代1000円と郵便切手代約4000円といったところでしょうか。いわゆる実費費用ですね。それプラス実際の作業代ですからね。自動車のナンバーから車の所有者を割り出したりと大変だったでしょうね。
 それにしても女性側の主張がこのとおりなら酷い話です。
 あと,つくづく思うのですが,日本にも懲罰的損害賠償の制度は多少認められてはいいのではないでしょうか。

■他のブログを見る ■当ブログを応援する
☆にほんブログ村:司法書士試験 司法書士 借金・借金苦
★人気ブログランキング:司法書士 相続手続き 法律相談
司法書士試験あんてな~有名講師によるブログのまとめサイト~