愛知県名古屋市で遺言・相続、借金問題、成年後見なら司法書士なかしま事務所!

1.相続放棄の概要

私の父が、借金を残して、亡くなりました。父の主な財産も見当たらないので、相続放棄をしたいと考えていますが、どのように手続きを進めたらよいでしょうか。
まず、相続が開始した場合、相続人は次の三つのうちのいずれかを選択できます。
(1)相続人が被相続人(亡くなった方)の土地の所有権等の権利や借金等の義務をすべて受け継ぐ単純承認
(2)相続人が被相続人の権利や義務を一切受け継がない相続放棄
(3)被相続人の債務がどの程度あるか不明であり,財産が残る可能性もある場合等に,相続人が相続によって得た財産の限度で被相続人の債務の負担を受け継ぐ限定承認
 相続人が,(2)の相続放棄又は(3)の限定承認をするには、家庭裁判所に、「自己のために相続の開始があったことを知ったときから3か月以内(※自己のために相続の開始があったことを知ったときから3ヶ月を過ぎても相続放棄ができる場合もあります。)」にしなければなりません。
「3ヶ月以内に家庭裁判所で申述」という要件の他に相続放棄の手続きで気をつけなけれならないことはありますか?
 相続人が相続放棄をしたら最初から相続人でなくなります。つまり、相続放棄をしたら、プラスの財産マイナスの財産(借金)も一切相続しなくなります。

 そして、第1相続順位の子全員が親の相続を放棄したら、第2相続順位の直系尊属(父母・祖父母)がいる場合、そのものが相続人となりますので、借金を含むすべての遺産を法定相続分で相続します。直系尊属全員が相続放棄をしたならば、第3相続順位の兄弟姉妹が相続人となり、借金を含むすべての遺産を法定相続分で相続します。なお、第3順位全員が相続放棄した場合は、相続人不存在ということになります。

 一度相続放棄の申述をし、家庭裁判所に受理されたら、相続放棄を撤回することはできませんので(民919)、多額の財産が出てきても相続することはできません。したがって、相続放棄をする前に、被相続人(亡くなられた方)の隠れた財産(「プラスの財産」と「マイナスの財産」)は有無を調査しなければなりません。原則、相続開始を知ってから3カ月以内は熟慮期間として相続放棄できますし、相続人は家庭裁判所に請求し、熟慮期間の伸長ができますので(民9151但書)、慎重に財産調査し、本当に相続放棄をしてよいのか、判断をする必要があります。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 050-5891-6050 受付時間 9:30 - 18:30(土・日・祝日も可)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 司法書士なかしま事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.