路線価上昇、不動産の相続にも影響

 国税庁が3日発表した路線価は全国平均で2年連続の上昇となった。路線価は相続税や贈与税の基準になり、変動の影響は大きい。2015年には相続税の制度が見直され、課税対象者が増加。条件を満たせば、土地の評価額を小さくできる特例制度の利用が広がるなど、節税への関心が高まっている。

 東京23区内に住む60代の兄弟。16年末に母親が死亡して一戸建て住宅を相続した。相続財産は不動産中心に約6000万円。14年…

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG28H47_T00C17A7CC0000/

平成29年路線価が,発表されましたね。

http://www.rosenka.nta.go.jp/


 路線価(ろせんか)は,市街地的形態を形成する地域の路線(不特定多数が通行する道路)に面する宅地の,1m2当たりの評価額のこと。課税価格を計算する基準となるものであり,相続税や贈与税の基となる相続税路線価と,固定資産税や都市計画税・不動産取得税・登録免許税の基となる固定資産税路線価がある。単に「路線価」と言った場合,相続税路線価を指すことが多い


■ 関連窓口


〈ご注意〉
・本ブログの内容はブログ投稿時の法令等に基づくものです。
・本ブログの内容は予告なく変更・削除する場合があります。
・内容は精査しているつもりですが,情報の利用は自己責任にてお願いいたします。

■他のブログを見る ■当ブログを応援する
☆にほんブログ村:司法書士試験 司法書士 借金・借金苦
★人気ブログランキング:司法書士 相続手続き 法律相談
司法書士試験あんてな~有名講師によるブログのまとめサイト~