愛知県名古屋市で遺言・相続、借金問題、成年後見なら司法書士なかしま事務所!

1.借金減額(任意整理)の手続

トップページ_借金問題の窓口_任意整理

第1 任意整理の効果

 任意整理とは、司法書士が債権者と返済の方法や返済の額について交渉をし,(1)利息のカット,(2)元金の一部をカット,(3)返済額の減額などをしてもらい,支払いが可能になるような条件での合意を成立させる手続きです。裁判所の関与がないため、“任意”整理と呼ばれています。

 相談前 相談後
AI社債務50万円
利息18%
債務20万円
利息なし
P社債務30万円
利息18%
債務30万円
利息なし
L社債務20万円
利息18%
債務20万円
利息なし
AK社完済過払金80万円
合計債務100万円
利息18%
債務70万円
利息なし
過払金80万円

第2 手続の流れ

1.ご相談・ご依頼
 ご相談内容から、最適な借金整理の方法をご提案いたします。
もっとも、実際の借金の額は調査をしないと判明しないため、まずは、業者に対し、受任通知を送付し、調査をします。
2.当事務所から受任通知を業者に送ります
■受任通知の効果等
(1)業者からの請求(取立て)がストップします。
(2)業者から取引履歴が事務所に送付されます。
(3)ご依頼者様は返済をストップさせます。
(4)借金が残っている場合には、信用情報に影響が出ます。(※1)
(※1)過払金が請求できる場合には、借金がないことになります。信用情報に影響が出ないように、過払金が発生しているかどうかを判断することも可能です。なお、既に完済している業者に対しては、過払金が発生している可能性が高いです。
3.取引履歴の引直計算をします
■引直計算の効果等
◯100万円の借金だと思っていたら、
(1)実は過払金が50万円発生していることが判明する(※2)
(2)実は借金は50万円だと判明する
(※2)過払金が発生している場合、借金はないことになります。
4.債務整理の方針の決定
■過払金が発生している場合
借金が残ってなく過払金が発生している場合には、裁判上又は裁判外の交渉により過払金の回収を行います。■借金が残っている場合
借金が残っている場合には、債務整理の方針として、任意整理・個人再生・自己破産のどれかを決定します。
借金の総額、返済可能額、免責不許可事由の有無、それぞれのメリット・デメリット等、総合的に判断して、債務整理の方針を決定します。
5.任意整理の場合
■任意整理の効果等
(1)無利息分割弁済による組み直しが可能です(※3)
(2)当事務所で、無利息分割弁済の和解契約書を作成します。
(3)当事務所より、ご依頼者様へ和解契約書を送付いたします。
(※3)不可能な取引業者もありますが、殆どの業者は応じていただけます。
6.返済
 無利息で分割で支払うことにより、月々の返済額の負担が大きく変わったことが実感できます。
また、無利息であれば、払い続ければ、いつかは完済になるので、いつまでも払い続けなければいけない苦しみから開放されます。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 050-5891-6050 受付時間 9:30 - 18:30(土・日・祝日も可)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 司法書士なかしま事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.