司法書士業務(法律関係職全般に該当しますが…)では,令和元年を令和1年と記載してはいけないことになっています。

 そして,Excelの日付表示が令和に対応するとのことですが,Excel上で,「令和元年●月●日」と表示させようとすると,「令和1年●月●日」と表示になるようです。

 したがって,これを書式で「令和元年●月●日」と表示させる方法は,下記のとおりです。

1.書式設定

(1)半角ver

[<43586][$-ja-JP]ggge”年”m”月”d”日”;[<43831][$-ja-JP]”令和元年”m”月”d”日”;[$-ja-JP]ggge”年”m”月”d”日”

(2)全角ver

 [<43586][DBNum3][$-ja-JP]ggge”年”m”月”d”日”;[<43831][$-ja-JP]”令和元年”[DBNum3]m”月”d”日”;[DBNum3][$-ja-JP]ggge”年”m”月”d”日”

(3)注意

 書式設定は,日付だけを表示する場合に正常に動作しますが,日付以外のものと表示させる場合,正常に動作しなくなります。したがって,次のTEXT関数で行います。

2.TEXT関数(&IFS関数)

(1)関数

 IFS(A1 <43586,TEXT(A1,”ggge年m月d日”),A1<43831,TEXT(A1,”令和元年m月d日”),A1>=43831,TEXT(A1 ,”ggge年m月d日”))

(2)意味

 もし,A1の値が,令和元年5月1日より前の日付の場合,”ggge年m月d日”の書式を適用する。もし,A1の値が,令和2年1月1日より前の日付の場合,”令和元年m月d日”の書式を適用する。もし,A1の値が,令和2年1月1日以降の日付の場合,”ggge年m月d日”の書式を適用する。

(3)注意

 書式設定だけでは,令和を表示できない場合,TEXT関数を使うことになりますが,TEXT関数で表示する場合,上記のとおり,関数内が複雑化することになります。そのため,別のセルでTEXT関数に表示させたあとに,文字列として結合した方がよいと思います。

 また,上記の関数はIFS関数となりますが,Excelのバージョンが古いとIFS関数が使用できません。なお,Excelのバージョンが古いと令和2年以降は,上記の書式設定や関数では動作しません。


〈ご注意〉
・本ブログの内容はブログ投稿時の法令等に基づくものです。
・本ブログの内容は予告なく変更・削除する場合があります。
・内容は精査しているつもりですが,情報の利用は自己責任にてお願いいたします。

■他のブログを見る ■当ブログを応援する
☆にほんブログ村:司法書士試験 司法書士 借金・借金苦
★人気ブログランキング:司法書士 相続手続き 法律相談