【新判例】ハーグ条約に基づく子の返還に関する調停合意も「変更できる」(最一小決令和2年4月16日)

判事事項(最一小決令和2年4月16日)

 裁判所は,ハーグ条約実施法の規定する子の返還申立事件に係る家事調停における子を返還する旨の定めにつき事情の変更により維持することを不当と認めるに至った場合は,同法117条1項を類推適用して上記定めを変更することができる。

全文

判例_最一小決令和2年4月16日

https://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail2?id=89488

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)