目次【「遺言」の窓口】

お気軽にお問い合わせください。050-5891-6050受付時間 9:30-19:30 [ 土・日・祝日も可 ]

メール・LINEでのご予約・お問い合わせはこちら お気軽にご連絡ください。

第1 遺言とは

1.遺言の特徴

遺言の制度

遺言とはどのような制度なのですか?
 遺言とは,一般的には,亡くなった人(これを「被相続人」といいます。)の意志を相続人等に伝えるものとされています。法律上の遺言は,亡くなった人の意志を相続人等に伝えるものですが,単に,亡くなった人の意志を相続人等に伝えるのみではありません。法律上の遺言とは,「亡くなった人の相続財産の処分方法を定める」などのことをいいます。

遺言の効果

遺言があると,どのような効果があるのですか?
 遺言の作成のメリットとしては,(1)相続対策(法定相続の修正)ができる,(2)遺贈など相続以外の財産の処分ができる,(3)認知など身分関係に関する事項を定めることができる,(4)遺言執行に関する事項を定めることができる,(5)相続税対策ができる,などがあります。
 一方で,遺言の作成のデメリットとしては,(1)遺言は要式行為であり厳格であること,ということがあります。

遺言のメリット

  • 相続対策(法定相続の修正)ができる
  • 遺贈など相続以外の財産の処分ができる
  • 認知など身分関係に関する事項を定めることができる
  • 遺言執行に関する事項を定めることができる
  • 相続税対策ができる

遺言のデメリット

  • 遺言は要式行為であり厳格である(=ルール違反をしていると,すぐに無効になる)

お気軽にお問い合わせください。050-5891-6050受付時間 9:30-19:30 [ 土・日・祝日も可 ]

メール・LINEでのご予約・お問い合わせはこちら お気軽にご連絡ください。

2.遺言のメリット

(1)相続対策(法定相続の修正)ができる

メリット1の「相続対策(法定相続の修正)ができる」とはどういうことですか?
 「相続対策(法定相続の修正)ができる」とは,遺言を作成することによって,「被相続人の相続財産の処分方法を決めることができる」,ということを意味します。
 具体的には,①相続人の廃除(民法893条,民法894条),②相続分の指定(民法902条),③遺産分割方法の指定・禁止(民法908条),④特別受益の持ち戻しの免除(民法903条3項),⑤遺産分割における担保責任に関する別段の意思表示(民法914条)などによって,相続の法定原則を修正することができるようになります。
 代表的な効果としては,「遺言を書くことで相続人間で遺産分割が不要になる」という効果です。これは,上記②相続分の指定か③遺産分割方法の指定によって行われます。

(2)遺贈など相続以外の財産の処分ができる

メリット2の「遺贈など相続以外の財産の処分ができる」とはどういうことですか?
 「相続以外の財産の処分ができる」とは,遺言を作成することによって,「相続人以外にも財産を渡すことができる」,ということを意味します。
 具体的には,①遺贈(民法964条等),②財団法人の設立のための寄付行為(一般社団・財団法人法152条),③信託の設定(信託法3条)などによって,相続人以外にも財産を渡すことができるようになります。
 代表的な効果としては,「世話になった知人等に相続財産を渡す」という効果です。これは,一般的には,上記①遺贈によって行われます。

(3)認知など身分関係に関する事項を定めることができる

メリット3の「認知など身分関係に関する事項を定めることができる」とはどういうことですか?
 「認知など身分関係に関する事項を定めることができる」とは,遺言を作成することによって,「認知等の身分関係を定め,後のトラブルを避ける」,ということを意味します。
 具体的には,①認知(民法781条2項),未成年後見人の指定(民法839条1項),未成年後見監督人の指定(民法848条)などによって,後のトラブルを避けることができます。
 代表的な効果としては,「遺言でする認知によって相続人を確定する」という効果です。これは,一般的には,上記①認知によって行われます。認知は,認知をされた相続人以外の他の相続人にとっては,認知自体がトラブルといえますが,認知をされる相続人にとっては,ときに非常に助かるものです。

(4)遺言執行に関する事項を定めることができる

メリット4の「認知など身分関係に関する事項を定めることができる」とはどういうことですか?
 「遺言執行に関する事項を定めることができる」とは,遺言を作成することによって,「遺言を実行する人を定めることができる」,ということを意味します。
 具体的には,①遺言執行者の指定(民法1006条)を定めることによって,遺言を実行する人を定めることができます。
 遺言執行者の定めは,法律専門家(弁護士・認定司法書士)に相談せずに作成された自筆証書遺言で欠けていることが多い規定ですが,「この遺言執行者の定めがないと,自筆証書遺言を作成した意味がなくなることも多い」ため,ほぼ必須の規定となります。

(5)相続税対策ができる

メリット5の「相続税対策ができる」とはどういうことですか?
 「相続税対策ができる」とは,遺言を作成することによって,「相続税の支払い額の総額を少なくする」,ということを意味します。
 具体的には,①一次相続(親の一方の相続)と二次相続(親のもう一方の相続)のバランスをとることによって相続税対策をすることや,②配偶者居住権(民法1028条)を設定することによって,相続税の支払総額を少なくすることができます。
 なお,相続税対策ということで,“相続税申告”の話になりますので,税理士の協力が不可欠になります。具体的には,①一次相続(親の一方の相続)と二次相続(親のもう一方の相続)のバランスをとることによって相続税対策をすることについては,主に税理士が担当し,場合によっては司法書士が関わることもあります。一方で,②配偶者居住権(民法1028条)を設定することについては,税理士と司法書士が共同して行うことになります。
 相続税がかかりそうな家庭であれば,相続財産の金額にもよりますが,専門家(税理士と司法書士)に依頼をして,相続税対策をすべきです。特に,配偶者居住権の設定に関しては,令和2年(2020年)からの制度であり,10数万円で大きな節税効果が期待できる制度となっています。

3.遺言のデメリット

(1)遺言は要式行為であり厳格である

デメリットの「遺言は要式行為であり厳格である」とはどういうことですか?
 「遺言は要式行為であり厳格である」とは,遺言を作成したからといって,「法律上の要件に適合しない限り遺言として機能しない(無効になる)」,ということを意味します。
 具体的には,遺言は,主に①普通方式遺言と②特別方式遺言があります。①普通方式遺言遺言の中には(Ⅰ)自筆証書遺言(民法968条),(Ⅱ)公正証書遺言(民法969条),(Ⅲ)秘密証書遺言(民法970条)があります(令和2年(2020年)7月10日から自筆証書遺言を法務局に保管する法務局遺言保管制度も創設されることになりました。)。②特別方式遺言には,(Ⅰ)緊急時遺言【(ⅰ)死亡緊急者遺言(民法976条),(ⅱ)船舶遭難者遺言(民法979条)】,(Ⅱ)隔絶地遺言【(ⅰ)伝染病隔離者遺言(民法977条),(ⅱ)在船者遺言(民法978条)】があります。
 これらの遺言にはそれぞれ方式が定めれており,その方式に従っていない遺言は無効になります。したがって,十分に注意のうえ,遺言を作成しなければなりません。

4.遺言の報酬及び費用

お気軽にお問い合わせください。050-5891-6050受付時間 9:30-19:30 [ 土・日・祝日も可 ]

メール・LINEでのご予約・お問い合わせはこちら お気軽にご連絡ください。

5.遺言の手続の流れ

遺言の手続の流れはどのようになるのでしょうか?
 一般的に下記のとおりとなります。
①お客様と司法書士が相談
 ご相談内容から最適な「遺言」の方法をご提案いたします。その上で,ご納得いただけたら「委任契約」を締結いたします。また,相続税対策を目的とした「遺言(配偶者居住権の設定等)」の利用の場合には,司法書士に加え税理士も相談も一緒にご相談いたします。
【ご相談内容】
○目的(遺言する目的)
…どのような目的で遺言を利用しようとしているかを伺います。遺言はメリットも多いですが,デメリットもありますので,目的によっては別の法的解決方法を提案することもあります。
○財産
…遺言で相続・遺贈させる土地建物に関してお聞きします。どのような土地建物でも遺言書を作成することが良い方法とは限らないので,注意が必要です。
○推定相続人
…遺言書を作成した場合の利害関係者についてお聞きします。遺言は財産を譲り受ける受遺者にとってはメリットですが,その他の相続人の期待を裏切るものでもあります。また,遺留分を侵害している場合には,遺留分減殺請求にも気をつけなければなりません。
○遺言の付言事項
…遺言の付言事項は,必須のものではありませんが,遺言の付言事項があることにより,死後に紛争が生じにくくなるものです。遺言の付言事項は,ぜひ検討しておきましょう。
○税金等
…相続税対策を目的として遺言の作成する場合には,司法書士と税理士がお互いに協力してプランを練る必要があります。
【相談時に持ってきていただく資料等】
○ご相談社様の本人確認書類(運転免許証や健康保険証など)
○印鑑
②お客様が必要書類を収集
遺言を作成するためには下記の【必要書類】が必要になります。
【必要書類】
○戸籍謄本
…遺言を作成する人の出生から現在までの戸籍謄本・除籍謄本・改製原戸籍),遺言により財産を貰う人が推定相続人の場合には,その推定相続人の戸籍謄本
○印鑑証明書
…遺言を作成する人の印鑑証明書
○住民表
…遺言により財産を貰う人が推定相続人以外の場合には,その受遺者の住民表(本籍地記載あり,世帯全員分)
○固定資産の評価証明書(評価通知書)・納税通知書
…毎年4月上旬に固定資産税の納付書とともに送られてくる納税通知書又は各市区町村で取得できる固定資産の評価証明書(評価通知書)
○登記簿(登記記録)
…原則として当事務所が取得した方が安いので当事務所が取得します。
○通帳の表紙などの資料
…預貯金その他の財産に関する遺言を作成する場合にはその資料
③司法書士が遺言の文案を作成
 ご依頼者様が集めていただいた資料に基づき,司法書士が遺言の文案を作成します。また,相続税対策を目的とした遺言の作成の場合には,司法書士と税理士が協力して遺言の文案を作成します。
④公証役場(または法務局)で遺言の作成
 司法書士(及び税理士)が遺言の文案を作成し,ご依頼者様との最終確認が終わりましたら,公証役場(または法務局)で遺言の作成します。
 この場合,私文書(普通の紙)での遺言を作成することもできますが,私文書で作成すると後に本人が作成したかが争われることも少なくありません。したがって,公証役場(または法務局)で作成すべきでしょう。
 なお,死因贈与契約に基づく配偶者居住権の仮登記を行う場合には,この時点で,登記の申請を行います(【参考】配偶者居住権と登記)。
⑤相続の開始(本人の死亡)
 本人が死亡し,相続の開始がなされると,遺言を作成していた場合には,遺言の効力が発生することになります。
 すみやかに,司法書士に本人が亡くなった旨を伝え,書類を集め,「相続登記」や「配偶者居住権設定登記」などを申請しなくてはなりません。なぜならば,(Ⅰ)相続登記は相続による法定相続分を超える権利の承継については対抗要件(登記)を備えなければ第三者に対抗できない旨の規定(民法899条の2)があり,(Ⅱ)配偶者居住権は「第三者対抗要件」に過ぎないからです(詳細は「配偶者居住権」の配偶者居住権のQ&Aをご覧ください。)。
⑥相続登記や配偶者居住権設定登記の申請
 遺言を作成されていた場合には,司法書士が「遺言書」に基づいて「相続登記」や「配偶者居住権設定登記」の申請を行います。
 なお,登記に関しては【「相続登記」の窓口】【「配偶者居住権と登記」】をご覧ください。

第2 遺言のQ&A

お気軽にお問い合わせください。050-5891-6050受付時間 9:30-19:30 [ 土・日・祝日も可 ]

メール・LINEでのご予約・お問い合わせはこちら お気軽にご連絡ください。

●対応地域とアクセス

(1)対応地域

 当事務所は「全国対応」しております。また,原則として,主に下記の地域の方に関しましては,本人確認及び意思確認のために,面談を実施しております。(現在は,新型コロナウイルスの影響によりオンラインでの面談や郵送での本人確認についても対応しております。)

●名古屋市内全域

(東区・千種区・名東区・守山区・緑区・昭和区・瑞穂区・天白区・北区・中村区・中区・西区・中川区・熱田区・南区・港区[相生山・赤池・新瑞橋・荒畑・池下・一社・今池・いりなか・岩塚・植田・大須観音・大曽根・覚王山・金山・上社・黒川・上飯田・上小田井・神沢・上前津・亀島・川名・車道・国際センター・御器所・栄・桜本町・桜山・塩釜口・志賀本通・市役所・自由ヶ丘・浄心・新栄町・神宮西・砂田橋・庄内緑地公園・庄内通・浅間町・総合リハビリセンター・高岳・高畑・千種・茶屋ヶ坂・築地口・鶴里・鶴舞・伝馬町・東海通・徳重・中村区役所・中村公園・中村日赤・名古屋・名古屋港・名古屋大学・ナゴヤドーム前矢田・鳴子北・西高蔵・野並・八田・原・東別院・東山公園・久屋大・日比野・平針・吹上・伏見・藤が丘・平安通・星ヶ丘・堀田・本郷・本陣・丸の内・瑞穂運動場西・瑞穂運動場東・瑞穂区役所・港区役所・妙音通・名城公園・本山・八事・八事日赤・矢場町・六番町])

●愛知県全域

(春日井市・あま市・日進市・長久手市・みよし市・北名古屋市・清須市・小牧市・瀬戸市・尾張旭市・津島市・愛西市・弥富市・東郷・大治・蟹江・豊山・春日・大口・扶桑・阿久比・一宮市・稲沢市・江南市・岩倉市・犬山市・豊明市・半田市・常滑市・知多市・内海・東浦・武豊・大府市・東海市・知多市・岡崎市・刈谷市・知立市・碧南市・安城市・高浜市・豊田市・西尾市・豊橋市・豊川市・蒲郡市・幸田・新城市・鳳来[名古屋・金山・鶴舞・千種・大曽根・新守山・勝川・春日井・神領・高蔵寺・定光寺・古虎渓・中村区役所・名古屋・国際センター・丸の内・久屋大通・高岳・車道・今池・吹上・御器所・桜山・瑞穂区役所・瑞穂運動場西・新瑞橋・桜本町・鶴里・野並・鳴子北・相生山・神沢・徳重]

●岐阜県全域

(岐阜市・羽島市・各務原市・山県市・瑞穂市・本巣・羽島市・大垣市・海津市・養老郡・不破郡・安八郡・揖斐郡・関市・美濃市・美濃加茂市・可児市・加茂郡・可児郡・多治見市・中津川市・瑞浪市・恵那市・土岐市[多治見・土岐・瑞浪・釜戸・武並・恵那・美乃坂本・中津川]

●三重県全域

(桑名市・いなべ市・木曽岬・東員・四日市市・菰野・朝日・川越・鈴鹿市・亀山市・津市・松阪市・多気・明和・伊勢市・鳥羽市・志摩市・玉城・度会・南伊勢・大紀・伊賀市・名張市・尾鷲市・紀北・熊野市・御浜・紀宝)

(2)アクセス

〒464-0093 名古屋市千種区茶屋坂通二丁目69番地 茶屋ケ坂パークマンション504

お気軽にお問い合わせください。050-5891-6050受付時間 9:30-19:30 [ 土・日・祝日も可 ]

メール・LINEでのご予約・お問い合わせはこちら お気軽にご連絡ください。

●不動産登記の管轄法務局

愛知県(名古屋法務局)

名古屋法務局 本局

名古屋市の内(中区,東区,北区,中村区,西区,千種区,昭和区),西春日井郡豊山町,清須市,北名古屋市

名古屋法務局 熱田出張所

名古屋市の内(熱田区,南区,中川区,港区,瑞穂区,緑区),豊明市

名古屋法務局 名東出張所

名古屋市の内(名東区,守山区,天白区),日進市,長久手市,愛知郡東郷町

名古屋法務局 春日井支局

春日井市,瀬戸市,犬山市,小牧市,尾張旭市,丹羽郡(大口町,扶桑町)

名古屋法務局 津島支局

津島市,愛西市,弥富市,あま市,海部郡(蟹江町,飛島村,大治町)

名古屋法務局 一宮支局

一宮市,稲沢市,江南市,岩倉市

名古屋法務局 半田支局

半田市,常滑市,大府市,東海市,知多市,知多郡(阿久比町,武豊町,南知多町,美浜町,東浦町)

名古屋法務局 岡崎支局

岡崎市,額田郡幸田町

名古屋法務局 刈谷支局

刈谷市,知立市,安城市,碧南市,高浜市

名古屋法務局 豊田支局

豊田市,みよし市

名古屋法務局 西尾支局

西尾市

名古屋法務局 豊橋支局

豊橋市,田原市

名古屋法務局 豊川出張所

豊川市,蒲郡市

名古屋法務局 新城支局

新城市,北設楽郡(設楽町,東栄町,豊根村)

三重県(津地方法務局)

津地方法務局 本局

津市,亀山市

津地方法務局 鈴鹿出張所

鈴鹿市

津地方法務局 四日市支局

四日市市,三重郡朝日町,川越町,菰野町

津地方法務局 伊賀支局

伊賀市,名張市

津地方法務局 松阪支局

松阪市,多気郡多気町,明和町,大台町,度会郡大紀町

津地方法務局 桑名支局

桑名市,いなべ市,桑名郡木曽岬町,員弁郡東員町

津地方法務局 伊勢支局

伊勢市,鳥羽市,志摩市,度会郡度会町,玉城町,南伊勢町

津地方法務局 熊野支局

熊野市,南牟婁郡御浜町,紀宝町

津地方法務局 尾鷲出張所

尾鷲市,北牟婁郡紀北町

岐阜県(岐阜地方法務局)

岐阜地方法務局 本局

岐阜市,羽島市,各務原市,山県市,瑞穂市,本巣市,羽島郡(岐南町,笠松町),本巣郡(北方町)

岐阜地方法務局 八幡支局

郡上市

岐阜地方法務局 大垣支局

大垣市,海津市,養老郡(養老町),不破郡(垂井町,関ケ原町),安八郡(神戸町,輪之内町,安八町),揖斐郡(揖斐川町,池田町,大野町)

岐阜地方法務局 美濃加茂支局

美濃加茂市,可児市,関市,美濃市,加茂郡(坂祝町,富加町,川辺町,八百津町,七宗町,白川町,東白川村),可児郡(御嵩町),下呂市のうち金山町

岐阜地方法務局 多治見支局

多治見市,土岐市,瑞浪市

岐阜地方法務局 中津川支局

中津川市,恵那市

岐阜地方法務局 高山支局

高山市,飛騨市,大野郡(白川村),下呂市(金山町を除く)