米Microsoft Corporationは20日(現地時間)、「Microsoft Office」向けのアドイン「Dictate」を無償公開した。Windows 8.1以降、「Office 2013」以降、.NET Framework 4.5以降に対応しており、現在本拡張機能の公式サイトからダウンロードできる。

 「Dictate」は、「Microsoft Office」へ音声による書き取り(ディクテーション)機能を追加するアドイン。自由なアイデアに取り組む社内プロジェクト“Microsoft Garage”の一環として開発されたアドインで、内部では音声認識サービス“Bing Speech API”、翻訳サービス“Microsoft Translator”、人工知能サービス“Microsoft Cognitive Services”などが組み合わされており、Windowsのパーソナルアシスタント機能“コルタナ(Cortana)”にも使われている最先端の音声認識技術・人工知能技術が応用されている。

 本アドインはWindows デスクトップ向けの「Word」「Outlook」「PowerPoint」に対応しており、インストールすると“リボン”に[Dictation]というタブが追加される。リボンをこのタブへ切り替えて言語を設定し、[Start]ボタンを押せば、マイク入力の音声をリアルタイムでテキストに変換してドキュメントへ入力してくれる。入力言語(From)は日本語を含む20カ国語に対応しており、変換先言語(To)を他の言語へ切り替えれば、リアルタイムで当該言語へ翻訳することもできる。

 さらに、英語ならば新しい行の作成、削除、句読点の追加などを音声コマンドで行うことが可能。音声の処理中は、どのような言葉として認識されているかを示すビジュアルフィードバックも表示される。
http://forest.watch.impress.co.jp/docs/news/1066663.html

 私はタイピングが,あまり速くないので,ずっと前から音声入力をしたいと考えていました。この文章もこのソフトを使って入力しています。音声入力の精度はあまり高いとは言えないため,仕事用の書類作成をする際には,まだ使用することは難しそうですが,メモ書などには簡単に使用できるのではないでしょうか。

 特に裁判業務で相手方から連絡が多い弁護士さんなどは,このようなソフトがあると非常に便利かもしれませんね。


〈ご注意〉
・本ブログの内容はブログ投稿時の法令等に基づくものです。
・本ブログの内容は予告なく変更・削除する場合があります。
・内容は精査しているつもりですが,情報の利用は自己責任にてお願いいたします。

■他のブログを見る ■当ブログを応援する
☆にほんブログ村:司法書士試験 司法書士 借金・借金苦
★人気ブログランキング:司法書士 相続手続き 法律相談
司法書士試験あんてな~有名講師によるブログのまとめサイト~