司法書士の仕事は,大量の紙を扱う仕事です。したがって,その大量の紙の管理方法によって,業務の効率が大きく変わります。

 例えば,裁判所や一般的な弁護士事務所の管理方法と同じように,全ての資料を2つ穴空けてファイルに綴じると,それだけで,(1)手間で非常に時間がかかりますし,(2)穴を空けることが相応しく場合の処理に困ります。たしかに,資料が膨大になることが,わかっている場合には,このような処理がもっとも好ましい管理方法だと思います。しかし,司法書士の仕事は,自己破産・個人再生・財産管理業務全般以外では,基本的に50頁~200頁くらいの書類の管理が多いので,全ての業務で2つ穴空けてファイルに綴じるということは,非効率だと思います。

 そこで,手間がかからないように,また,穴を空けなくていいように,クリアホルダーで管理する方法が考えられますが,一般的なクリアホルダーでは,見出しを自分で付けない限り,重ねると誰のどの資料かわからなくなります。そして,下記のようなインデックスで,見出しを付けても,(1)ファイルの再利用ができなくなるし,(2)インデックスの強度に問題がありますし,(3)インデックスの文字が小さく目立たない,というデメリットがあります。

 

 したがって、見出付クリアホルダーを購入することに決めました。

 上記2つを,両方購入して,両方試してみることにしました。今のところは「ナカバヤシ どっさり個別ホルダー」の方が,使いやすいです。

 なお,開業当初は,

 を利用していましたが,「ノビータ」シリーズは,書類が曲がりやすいし,折れやすいので,大事な書類を入れられないという致命的な欠陥がありましたので,使用を中止しました。

■他のブログを見る
☆にほんブログ村:司法書士試験 司法書士 借金・借金苦
★人気ブログランキング:司法書士 相続手続き 法律相談
司法書士試験あんてな~有名講師によるブログのまとめサイト~