LINEでつくるな新しい遺言

LINEでつくる新しい遺言

※1「遺言」とは、自身の最期に向けての意思を残すことを言い、法的に効力を持つものを指しているわけではありません。
※2 遺言を自動作成できるWEBサービスに関する調査。「遺言」「エンディングノート」のワードでヒットするLINE公式アカウントを対象に調査。

https://timecap.jp/

 『「遺言」とは、自身の最期に向けての意思を残すことを言い、法的に効力を持つものを指しているわけではありません。』…意味がわかりません。『「右」とは,多くの人の利き腕の方をこと言い,北の方角を向いて東の方角のことを指しているわけではありません。』と言っているようなものです。

 どこかの国の閣議決定で言葉の定義(例えば,反社会的勢力など)を作り変えていましたが,そのことと凄く似ているのでセーフだと思っているのでしょうか。

 もっとも,一企業が,言葉の定義を作り変えている「こと」にして「誤認」させることは,景品表示法にひっかかるのではないでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)