司法書士試験(認定考査)延期に関する日本司法書士会連合会の声明

2020年(令和02年)05月27日(日本司法書士会連合会)

 現在,新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のための外出の自粛や新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく営業の自粛要請により,これまでにない規模の影響が国民生活にもたらされております。
 このような中,2020年(令和2年)4月23日に法務省民事局より令和2年度司法書士試験受験申請の受付延期が発表され,5月18日に法務省民事局より令和2年度司法書士試験の実施延期が発表されました。
 司法書士試験に臨む皆様におかれましては,大きな不安を感じられておられることと思いますが,ご自身の健康を守り,併せて感染拡大防止に努めながら,来るべき司法書士試験に備えて準備を継続していただきたく存じます。
 日司連としましても,法務省に対して試験の実施時期をできる限り早期に決定するよう求め,また,ホームページ,各種SNS等により最新の情報を提供して,皆様が万全の態勢で試験に臨めるよう努めます。

2020年(令和02年)05月27日(日本司法書士会連合会)

 現在,新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のための外出の自粛や新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく営業の自粛要請により,これまでにない規模での影響が国民生活にもたらされております。
 このような中,2020年(令和2年)5月12日,法務省民事局より令和2年度簡裁訴訟代理等能力認定考査の実施延期が発表されました。
 簡裁代理等能力認定を受け,「社会資源としての司法書士」を目指す皆様にとっては,可及的速やかに,考査の実施を希望されていることと存じます。
 認定考査に臨む皆様におかれましては,大きな不安を感じられておられることと思いますが,ご自身の健康を守り,併せて感染拡大防止に努めながら,来るべき認定考査に備えて準備を継続していただきたく存じます。
 日司連では,令和2年4月1日から開始した「新型コロナウイルスに関する生活困りごと電話等相談会」などの事業を推進するとともに,新型コロナウイルス感染症予防対策を講じた上での各種研修会やWEBを利用したeラーニングによる研修コンテンツを充実させ,考査終了後の会員の皆様の業務に資する研修環境の充実を図ります。

 司法書士試験についても,認定考査についても,実施日が全く発表されない状態が続いています。そんな中で,日本司法書士会連合会の会長が声明を出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)