【速報】法務省に“司法書士試験(認定試験)の延期後の試験日”を問い合わせた結果…

 森山和正講師が,法務省に“司法書士試験の延期後の試験日”を問い合わせたようです。

 「目処が立っておらず」というのが非常に気になります。「受験生の気持ち」はもちろんのこと「受験生の生活」のことも考えて,法務省は,早急に今後の方針を決定して欲しいところです。ただ,秋以降になってしまうと,大学受験なども控えていますし,会場の問題で現実的に開催することが非常に難しくなるのではないでしょうか。

【続報】令和2年6月29日

【速報】法務省に“司法書士試験(認定試験)の延期後の試験日”を問い合わせた結果…” に対して3件のコメントがあります。

  1. アバター プーさん より:

    同じくです!

  2. アバター 匿名さん より:

    こんな意味のない問い合わせが受験生の不安を煽るだけ。
    仮に明日発表になるかもしれない場合でも、まともに回答するはずがない。
    内部で決まっているが、公にできない情報をただの一般人からの電話で真実を語るはずがない。
    塾講師は目立つためには何でもやるのか…と残念な気持ちになりました。

    1. 匿名さん
       「仮に明日発表になるかもしれない場合でも、まともに回答するはずがない。」というのはごもっともだと思います。
       もっとも,塾講師も商売なので,しょうがない部分もあるかなと思います。
       私も,受験生のときは,塾講師が情報弱者たる受験生に対して,テキトーなことを言って,塾講師自身に利益誘導していることに憤慨していました。しかし,一方で,司法書士として独立し,自らが営業をし始めると,塾講師の営業方法は,そこまで批判できるものでもないように思えてきました(一部明らかに酷い方もいますが,今回の森山講師のコメント程度は問題ないとも思います…)。
       一(いち)塾講師も一(いち)司法書士も生きていくのに必死なのです。
       ということで,このような塾講師や司法書士の情報に関しては,今後は冷ややかに生暖かい目で見守っていただけたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)