【NEWS】登記申請を義務化・土地の所有権を放棄可能化,自民党提言へ

令和2年6月16日朝日新聞デジタル)

 自民党は16日、所有者が分からず放置されて周辺環境の悪化を招いている「所有者不明土地」について、相続時の登記申請の義務化や土地の所有権を放棄できるようにする提言をまとめた。近く政府に提出する。

 提言では、相続時の登記の義務化に加え、登記手続きの簡素化や費用負担の軽減などを進め、不動産登記の情報を最新の状態に近づけることを求める。権利の帰属に争いがないことや土地の管理が容易な状態にあることなどを要件に、土地の所有権を放棄できるようにすることも盛り込んだ。

 法務省でも「所有者不明土地」に対応する法制化の検討を進めており、提言は来年の通常国会で必要な法改正をするよう求めた。…

https://www.asahi.com/articles/ASN6J7HCCN6JUTFK00D.html

 法制審議会で,「民法・不動産登記法(所有者不明土地関係)等の改正に関する中間試案」が取りまとめられたのは,令和元年12月3日…それなのに自民党が今から提言というのはどういうことなんでしょうか。もしかしたら,現在の中間試案よりも,さらに「登記手続きの簡素化」や「費用負担の軽減」を推し進めるということでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)