【NEWS】地図データのG空間情報センターを介した一般公開

地図データのG空間情報センターを介した一般公開について(2023.1.20)【法務省】

地図データのG空間情報センターを介した一般公開について

令和5年1月23日(月)正午(午前12時)より、全国の登記所備付地図の電子データ(※1)を、G空間情報センター(※2)を通じて無償で一般公開することとなりましたので、お知らせします。

G空間情報センターのホームページはこちら

 これまで、法務局が有する地図データは、地図証明書・図面証明書として法務局で写しの交付を受ける方法や、インターネットでPDFデータの閲覧をする方法(登記情報提供サービス)で、情報の提供を行ってきました(※3)。

 今回新たに、加工可能なデータをG空間情報センターに公開することで、生活関連・公共サービス関連情報との連携や、都市計画・まちづくり、災害対応などの様々な分野で、地図データがオープンデータとして広く利用され、新たな経済効果や社会生活への好影響をもたらすことが期待されます。

(続きは↓)

https://www.moj.go.jp/MINJI/minji05_00494.html

地図データのG空間情報センターを介した一般公開について
地図データのG空間情報センターを介した一般公開について

空間情報センター

G空間情報センターは、産官学の様々な機関が保有する地理空間情報を円滑に流通し、社会的な価値を生み出すことを支援する機関です。

これらのデータを司法書士として、どのように生かしていくべきか考えていかなければならないのでしょうか。ちょっと大変そうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)