配偶者居住権のまとめ(2)

 平成31年4月17日より,少しずつ「配偶者居住権のQ&A」を作成しております。

 なお,配偶者居住権及び配偶者配偶者短期居住権の新設等の施行日は,2020年4月1日(令和2年4月1日)になります。

 また,相続放棄のサイトも新しく作成しました。こちらのページも今後,どんどん情報を書き加えていこうと思います。

 受験生レベルですと少々難しいかもしれませんが,相続放棄も実務レベルになると奥が深いことがわかるのではないでしょうか?

バナー(表)


配偶者居住権の成立要件】配偶者には,内縁の妻は含まれるのでしょうか?
配偶者居住権の「配偶者」(民法1028条1項)は,法律上被相続人と婚姻をしていた配偶者をいい,内縁の配偶者は含まれません(堂薗=神吉[2019年]概説改正相続法11頁)。配偶者居住権は,基本的には,遺産分割等に選択肢を増やす趣旨で創設したものであるが,内縁の配偶者はそもそも相続権を有していないことや,内縁の配偶者を権利主体に含めることとすると,その該当聖をめぐって紛争が複雑化,長期化するおそれがあるからです。

配偶者居住権の成立要件】配偶者居住権の目的となる建物は,被相続人名義の建物でないといけないのでしょうか?
配偶者居住権の目的となる建物は,相続開始路の時点において,被相続人の財産に属した建物でなければなりません(堂薗=神吉[2019年]概説改正相続法11頁)。したがって,被相続人が賃借していた建物に配偶者が居住していた場合には,配偶者居住権は成立しません

配偶者居住権の成立要件】配偶者居住権の目的となる建物は,被相続人名義の単有の建物でないといけないのでしょうか?共有の建物の場合には,常に,配偶者居住権を認めることはできないのでしょうか?
配偶者居住権の目的となる建物は,原則として,相続開始の時点において,被相続人の財産に属した,被相続人の単有の建物でなければなりません。したがって,被相続人が建物の共有持分を有していたに過ぎない場合には,原則として,配偶者居住権を成立させることはできません(民法1028条1項ただし書)。もっとも,居住建物が夫婦の共有になっている場合には,配偶者居住権が認められます。

配偶者居住権の成立要件】被相続人の配偶者は,被相続人の「相続開始の時に居住していた」とありますが,配偶者が長期入院をしている場合には,配偶者居住権は認められないのでしょうか?
配偶者が相続開始時点では入院していたために,その時点では自宅である居住建物にいなかった場合であっても,配偶者の家財道具がその建物に存在しており,退院後はそこに帰ることが予定されていた場合のように,その建物が配偶者の生活の根拠として実態を失っていないと認められる場合(堂薗=神吉[2019年]概説改正相続法12頁)には,配偶者居住権は認められます。

配偶者居住権の成立要件】私と妻は,長年,夏は札幌のマンションで住み,冬は沖縄の海が見える家で住んでいます。私は,妻のために札幌のマンションと沖縄の家に配偶者居住権を与えたいと思いますが可能でしょうか?
生活の本拠は通常一箇所であることが多いと思われるが,一定の期間,例えば半年ごとに生活の拠点を変えているような場合には,例外的に生活の本拠が複数認められることもありえるのものと考えられ,このような場合でも被相続人所有の建物に居住していた時は,複数の建物について配偶者居住権が成立することもあり得る(堂薗=神吉[2019年]概説改正相続法12頁)と考えられます。

配偶者居住権の成立要件】公道に接している家とその裏側にある公道に接していない家があります。公道に接している家は,建物としては古く何かと不便ですので,公道に面していない裏側の建物を主に生活の拠点とし,公道に接している家は郵便の受領のためや家財道具を収納するために使用しています。この場合,両方の家に配偶者居住権をつけることはできるのでしょうか?
生活の本拠は一箇所であっても例えば二棟の建物を一体として居住の用に供していた場合等については二棟の建物について配偶者居住権が成立することもあり得る(堂薗=神吉[2019年]概説改正相続法12頁)と考えられます。

配偶者居住権の成立要件】私と妻は,2階建ての建物で,1階を駄菓子屋の店舗として使用し,2階を居住用として使用しています。この場合,この家に配偶者居住権をつけることはできるのでしょうか??
配偶者が建物全部を居住の用に供していたことは要件とされていません。したがって,配偶者が被相続人所有の建物を店舗兼住宅として使用していた場合であっても,配偶者が建物の一部を居住の用に供していたのであれば,「居住していた」という要件を満たす(堂薗=神吉[2019年]概説改正相続法12頁)ことになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)