【判例】夫婦の一方が他方と不貞行為に及んだ第三者に対し離婚に伴う慰謝料を請求することの可否(最三小判平成31年2月19日民集73巻2号187頁)

目次【最三小判平成31年2月19日】

判事事項

 夫婦の一方が他方と不貞行為に及んだ第三者に対し離婚に伴う慰謝料を請求することの可否

裁判要旨

 夫婦の一方は,他方と不貞行為に及んだ第三者に対し,当該第三者が,単に不貞行為に及ぶにとどまらず,当該夫婦を離婚させることを意図してその婚姻関係に対する不当な干渉をするなどして当該夫婦を離婚のやむなきに至らしめたものと評価すべき特段の事情がない限り,離婚に伴う慰謝料を請求することはできない。

全文

https://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail2?id=89488

岡口裁判官「実は2種類あった「不貞慰謝料」」

 「ちなみに,潮見教授は,この最三小判平成31年2月19日について,「不法行為責任の成否を導く枠組みに対しては,全体としての不自然さは感じないものの,法律構成…

岡口裁判官「不貞慰謝料訴訟:破綻後の肉体関係等であるという抗弁」

 コメント欄が勉強になります。婚姻関係の破綻に対する慰謝料請求か不貞行為に対する慰謝料請求かを区別する実益があるかないかです。 関連記事【判例】契約上の債務の履…

岡口裁判官「不貞相手の逆襲」

 『(調査官コメントでは)不貞相手に対する不貞自体慰謝料請求権と、不貞配偶者に対する離婚自体慰謝料請求権が「不真正連帯の関係になる」というコメントも…こうした調…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)