岡口裁判官「「事実婚」にも認められる権利を「婚姻と同等の関係だという社会通念が形成されていない」と判示したことは問題のすり替え」

 https://news.yahoo.co.jp/byline/matsuokasoshi/20200605-00181936/?fbclid=IwAR29bPN6lfKepFkzv9i_IQFvF6RJM8APq2idA1HDsWw3ls1iJbrgl8gaZA8

 『同性カップルにも「婚姻」に係る法的効果を付与するかどうかは、社会全体で決めればいいと思います。しかし、今回は、「事実婚」にも認められる権利が問題となっていますから、話が違います。ところが、この判決は、同性カップルの関係について「婚姻と同等の関係だという社会通念が形成されていない」と判示しました。いえいえ、今回は、「婚姻」の問題ではありませんから、それは問題のすり替えです。』

 判決文を読んでいないので,なんとも言いにくいが,裁判所が同性カップルに関して,否定的である理由はどこにあるのだろうか。生まれ持った性別を変更することができる時代に,生まれ持った性別に拘る意味はどこにあるのだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)