岡口裁判官「不貞慰謝料訴訟:慰謝料の額」

不貞慰謝料訴訟:慰謝料の額最近何度か取り扱っている最三小判平成31年2月19日民集73巻2号187頁ですが、この判決は、その調査官コメントに、踏み込んだ記載があるのも特徴です。そして、このコメントは、やがて「判例解説」にも記載され、…

岡口 基一さんの投稿 2020年6月11日木曜日

 『(調査官コメントでは)例えば、不貞相手に対する不貞自体慰謝料請求権と、不貞配偶者に対する離婚自体慰謝料請求権は,被侵害利益が異なり,慰謝料の中身が異なるから,通常は,前者の方が損害額が低い(離婚自体慰謝料を含まないから)とコメントしています。』

 …離婚訴訟を扱わないので知りませんでしたが,「不貞相手に対する不貞自体慰謝料請求権と、不貞配偶者に対する離婚自体慰謝料請求権は,被侵害利益が異なり,慰謝料の中身が異なるから,通常は,前者の方が損害額が低い」ということが新しいということでしたら,現在まではどんな運用になってたのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)