岡口裁判官「未成年者取消しの原状回復義務について」

改正民法売買契約を「未成年者取消し」すると、未成年者自身も、原状回復義務を負う。その際、未成年者が浪費したものは返還しなくていい(民法121条の2第3項)。もっとも、成年に達してから浪費したものについては、返還させてもいいと思うんだよね。条文にそういうことは書いていないんだけど。by佐久間毅教授@民法の基礎Ⅰ(第5版)108頁(2020年、有斐閣)

岡口 基一さんの投稿 2020年6月20日土曜日

「もっとも、成年に達してから浪費したものについては、返還させてもいいと思うんだよね。条文にそういうことは書いていないんだけど。by佐久間毅教授@民法の基礎Ⅰ(第5版)108頁(2020年、有斐閣)」

 まあ,ごもっとも,です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)