【NEWS】2022年4月の成人年齢引き下げで相続税と贈与税はどう変わる?

成人年齢引き下げで相続税と贈与税はどう変わる? 2022年4月からの注意点(相続会議)(令和4年3月31日)

成人年齢引き下げで相続税と贈与税はどう変わる? 2022年4月からの注意点

民法改正により、2022年4月1日から成人年齢が20歳から18歳に引き下げられます。この引き下げは、相続税や贈与税にどのような影響を及ぼすのでしょうか。またどう活用すべきでしょうか。税理士が解説します。・・・

■成人年齢引き下げによる影響 相続

●18歳や19歳でも遺産分割協議に単独で参加できる

●相続税の未成年者控除が変わる

●2回相続があったときの未成年者控除の計算にも影響

■成人年齢引き下げによる影響 贈与

●親や祖父母から贈与されたときの税率が下がる

●贈与税の特例制度の条件年齢が変わる

■成人年齢引き下げの活用方法

(続きは↓)

https://news.yahoo.co.jp/articles/02c64bd786a19c37f62064093f58076aa38e6097?page=1

2022年4月の成人年齢引き下げで相続税と贈与税はどう変わる

明治時代から今日まで約140年間、日本での成年年齢は20歳と民法で定められていました。この民法が改正され、2022年4月1日から、成年年齢が20歳から18歳に変わります。

これによって、2022年4月1日に18歳、19歳の方は2022年4月1日に新成人となります。

現在、未成年の方は、生年月日によって新成人となる日が、次のようになります。

生年月日新成人となる日成年年齢
2002年4月1日以前生まれ20歳の誕生日20歳
2002年4月2日から2003年4月1日生まれ2022年4月1日19歳
2003年4月2日から2004年4月1日生まれ2022年4月1日18歳
2004年4月2日以降生まれ18歳の誕生日18歳
生年月日によって新成人となる日

近年、公職選挙法の選挙権年齢や憲法改正国民投票の投票権年齢を18歳と定めるなど、18歳、19歳の若者にも国政の重要な判断に参加してもらうための政策が進められてきました。こうした中で、市民生活に関する基本法である民法でも、18歳以上を大人として扱うのが適当ではないかという議論がなされ、成年年齢が18歳に引き下げられることになりました。なお、世界的にも成年年齢を18歳とするのが主流となっています。

2022年4月の成人年齢引き下げで相続税と贈与税はどう変わる
2022年4月の成人年齢引き下げで相続税と贈与税はどう変わる

https://www.gov-online.go.jp/useful/article/201808/2.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)