【本日結果発表】司法書士試験に合格したら…懸念はやはりコロナ

 本日は、司法書士試験の筆記試験の結果発表日です。

 http://www.moj.go.jp/shikaku_saiyo_index3.html


 筆記試験に合格したら、事実上、司法書士試験に合格したことと同義ですので、本日は、司法書士試験受験生にとって、人生の分かれ道の日です。

 さて、仮に、司法書士試験(の筆記試験)に合格したら、何をすればよいでしょうか。

 私の時代ですと、研修のためのホテルの予約が最も大事なことでした。ホテルの予約が終わったら、その後は、新人研修の準備と認定考査(要件事実)の勉強です。

 今は、新人研修の準備をしつつ、認定考査(要件事実)の勉強(即独)開業の準備など、をする人が多いのではないでしょうか。

 なぜならば、合格者の平均年齢が上がるにつれて、合格者の中で補助者経験者の割合が増えてきているからです。

 長年、補助者の経験をしてきた人にとっては、すぐに開業をしたい人が多いのではないでしょうか。私自身も、合格した当時、補助者として4年目(だったはず)なので、すぐに独立したいと思っていました(当時は、過払いが少しは残っていましたし…)。

 しかし、このコロナ禍で、(即独)開業の準備は、かなり厳しいと思われます。もちろん、人によって状況は異なりますが、少なくとも、私自身であれば、このコロナ禍での開業はできなかったであろうと思います。

 なぜならば、また、コロナの影響で、裁判所や法務局が止まる(もしくは、非常に対応が遅れるような状態になる)かもしれません。役所が止まったり、対応が非常に遅れると、キャッシュフローの状況が一気に悪化します。事務所経営としては、非常に厳しくなります。

 現在のところ、不動産決済に関しては、コロナの影響があまりないようですが、これからの状況に関しては、予想しにくいのではないでしょうか。不動産自体が動かなくなってきたら、いわゆる決済事務所は、補助者を解雇するしかないのではないでしょうか。

 たしかに、このコロナ禍でよい条件のテナントが出てきています開業融資も通りやすいかもしれません。むしろ、このコロナ禍で反響のあるサービス(例えば、債務整理(「任意整理」「自己破産」「個人再生」「消滅時効」「過払金」))をメインにして、開業をするというのも、良いのかもしれないです(ただし、債務整理(というか登記業務以外)は、実務経験がないで行うと非常に危険ですので、実務経験なしで債務整理をメインで開業するのは、オススメしません。登記業務は、試験で沢山勉強をしているので、即死レベルのミスはないと思われます。)。

 さて、今のタイミングで(1)開業するか、(2)開業しないか、(1)①開業するにしても決済や相続などの典型業務をメインにするか、(1)②それともコロナ禍で反響のあるサービスをメインにするか、(2)①開業しないで就職するにせよ、決済事務所に就職してもよいか、(2)②それともコロナ禍で反響のあるサービスをメインにしているであろう事務所に就職するか…いずれにせよ、司法書士試験に合格したら、その後は、さらに難しく悩ましい試練が待っています。

 「勝って兜の緒を締めよ」という諺もあります。

 大変ですが、「司法書士」になるのであれば、これからも努力を継続し続けなければなりません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)