目次【相続資格の重複】

★「相続登記の費用」「相続登記の手続きの流れ」は、【「相続登記」の窓口】へ

★「未来につなぐ相続登記ー法務省」へ

お気軽にお問い合わせください。050-5891-6050受付時間 9:30-19:30 [ 土・日・祝日も可 ]

メール・LINEでのご予約・お問い合わせはこちら お気軽にご連絡ください。

相続資格の重複の概要-わかりやすく詳しく解説

相続登記をしようと戸籍の調査をしてみたら、相続人の中に被相続人に対して二重の相続資格を有している者(例えば、代襲相続人としての資格と養子としての資格を有している場合など)がいましたが、それぞれの資格に基づく相続分を併せて取得することができるのでしょうか?

 身分関係が両立しない場合を除き、それぞれの身分関係に基づく相続資格を肯定するのが相当であると考えられています。

 具体的には、二重の相続資格については、主に、次の3つの分類があります。

相続人の資格の重複の3つの分類

  • 【代襲相続人かつ養子】被相続人の孫が同時に養子であり、実親である子が先に死亡しているため、養子としての相続資格と孫としての代襲相続資格を有する場合
  • 【配偶者かつ兄弟姉妹】被相続人の実子と養子が婚姻しており、その一方が死亡したため、配偶者としての相続資格と兄弟姉妹としての相続資格を有する場合
  • 【非嫡出子かつ養子被相続人が非嫡出子を認知した上、養子とした場合

 なお、下記の図のとおり、平成27年までは学説と登記実務(相続登記の実務)が一致していなかったのですが、平成27年に学説と登記実務(相続登記の実務)が一致することになったと考えられています。

図解_相続登記_相続資格の重複
図解_相続登記_相続資格の重複

【「相続人の資格の重複」の問題が生じる理由】
日本では、戦前から現在に至るまで、祖父母が孫を養子にしたり、父母が子の配偶者を養子にしたりする例が少なくありません。しかし、そのような場合には、孫と子、配偶者と兄弟姉妹というように、自然血族関係と法定血族関係が重複し、あるいは配偶者の関係と法定血族関係が重複して発生するようになります。そこで重複身分関係になる当事者について相続関係が発生した場合、それぞれの身分関係に応じた相続資格の取得を認めるべきかどうかという問題が生じます。

第1 代襲相続人かつ養子

1.学説(「代襲相続人かつ養子」の重複)

被相続人の孫が同時に養子であり、実親である子が先に死亡しているため、養子としての相続資格と孫としての代襲相続資格を有する場合、相続人の資格は重複しますか?

学説の多数説では、相続人の資格の重複を認めるか否かを「2つの身分が排斥し合う関係にあるか否か」で判断しています。具体的には、「2つの身分が排斥し合う関係にある」場合には、相続人の資格の重複を認めませんが、「2つの身分が排斥し合う関係にない」場合には、相続人の資格の重複を認めることになります。

つまり、被相続人の孫が同時に養子であり、実親である子が先に死亡しているため、養子としての相続資格と孫としての代襲相続資格を有する場合、「2つの身分が排斥し合う関係にない」ため相続人の資格の重複を認めることになります。

2.「孫かつ養子」の資格の重複【昭和26年9月18日民事甲第1881号民事局長回答】

被相続人の長女の子(孫)が被相続人の養子となっている場合に、長女が被相続人の死亡前に死亡しているときは、相続人の資格は重複しますか?

先例では、「被相続人の長女の子(孫)が被相続人の養子となっている場合に、長女が被相続人の死亡前に死亡しているときは、その子(孫)は、被相続人の養子としての相続分と亡母の代襲相続人としての相続分とを有する(昭和26.9.18民甲第1881号民事局長回答・先例集下1660頁 )」とされています。

【昭和26.9.18民甲第1881号民事局長回答・先例集下1660頁】
(要旨) 被相続人の長女の子(孫)が被相続人の養子となっている場合に、長女が被相続人の死亡前に死亡しているときは、その子(孫)は、被相続人の養子としての相続分と亡母の代襲相続人としての相続分とを有する。

第2 配偶者かつ兄弟姉妹

1.学説(「配偶者かつ兄弟姉妹」の重複)

被相続人の実子と養子が婚姻しており、その一方が死亡したため、配偶者としての相続資格と兄弟姉妹としての相続資格を有する場合、相続人の資格は重複しますか?

学説の多数説では、相続人の資格の重複を認めるか否かを「2つの身分が排斥し合う関係にあるか否か」で判断しています。具体的には、「2つの身分が排斥し合う関係にある」場合には、相続人の資格の重複を認めませんが、「2つの身分が排斥し合う関係にない」場合には、相続人の資格の重複を認めることになります。

つまり、被相続人の実子と養子が婚姻しており、その一方が死亡したため、配偶者としての相続資格と兄弟姉妹としての相続資格を有する場合、「2つの身分が排斥し合う関係にない」ため相続人の資格の重複を認めることになります。

2.「配偶者かつ兄弟姉妹」の資格の重複【昭和23年8月9日民事甲第2371号民事局長回答】

長女と婚姻した養子が死亡し、その直系卑属及び直系尊属がない場合には、相続人の資格は重複しますか?

平成27年(2015年)以前の先例では、「長女と婚姻した養子が死亡し、その直系卑属及び直系尊属がない場合には、妻たる長女は、配偶者としての相続分のみを取得し、兄弟姉妹としての相続分は取得できない(昭和23.8.9民甲第2371号民事局長回答・先例集上850頁 )」とされていました。

【昭和23.8.9民甲第2371号民事局長回答・先例集上850頁】
(要旨) 長女と婚姻した養子が死亡し、その直系卑属及び直系尊属がない場合には、妻たる長女は、配偶者としての相続分のみを取得し、兄弟姉妹としての相続分は取得できない。

したがって、平成27年(2015年)以前の先例では、長女と婚姻した養子が死亡し、その直系卑属及び直系尊属がない場合には、相続人の資格は重複しないということになっていました。

【昭和23.8.9民甲第2371号民事局長回答の考え方】
平成27年(2015年)以前の先例は、「血族相続人と配偶者相続人との相続資格については、二重の相続資格は認めない」とする見解を採用していました。その理由は、「民法は、相続の資格について、血族相続人と配偶者相続人を区別しているため、配偶者として相続人になった者は、血族としては相続人にはなれない」と考えられたからです。

しかしながら、平成27年9月2日民二第363号民事局民事第二課長通知(民月71巻3号72頁)で、この先例は変更されたとされています。

3.「配偶者かつ兄弟姉妹」の資格の重複【平成27年9月2日民二第363号民事局民事第二課長通知】

平成27年9月2日民二第363号民事局民事第二課長通知(民月71巻3号72頁)とはどのような先例なのですか?

平成27年9月2日民二第363号民事局民事第二課長通知(民月71巻3号72頁)は、「被相続人甲の妻及び妹としての相続人の資格を併用する乙から(甲乙は共に亡養母の養子)、相続を証する情報として、戸籍(除)謄本及び相続放棄申述受理証明書のほか、配偶者として相続放棄をしたことを確認できる相続放棄申述書の謄本及び妹としては相続放棄をしていない旨の上申書を提供された相続登記の申請につき、これを受理して差し支えない」として、「配偶者かつ兄弟姉妹」の資格の重複を認めています。

【平成27.9.2民二第363号民事局民事第二課長通知(民月71巻3号72頁)】
(要旨) 被相続人甲の妻及び妹としての相続人の資格を併用する乙から(甲乙は共に亡養母の養子)、相続を証する情報として、戸籍(除)謄本及び相続放棄申述受理証明書のほか、配偶者として相続放棄をしたことを確認できる相続放棄申述書の謄本及び妹としては相続放棄をしていない旨の上申書を提供された相続登記の申請につき、これを受理して差し支えない。

つまり、平成27年9月2日民二第363号民事局民事第二課長通知は、配偶者相続人と血族相続人(兄弟姉妹)としての相続資格の併有を前提としたものであり(民月71巻3号75頁以下の担当官解説参照)、昭和23年8月9日民事甲第2371号民事局長回答の取り扱いは実質的に変更されたものと考えられます。

第3 非嫡出子かつ養子

1.学説(「非嫡出子かつ養子」の重複)

被相続人が非嫡出子を認知した上、養子とした場合、相続人の資格は重複しますか?

学説の多数説では、相続人の資格の重複を認めるか否かを「2つの身分が排斥し合う関係にあるか否か」で判断しています。具体的には、「2つの身分が排斥し合う関係にある」場合には、相続人の資格の重複を認めませんが、「2つの身分が排斥し合う関係にない」場合には、相続人の資格の重複を認めることになります。

つまり、被相続人が非嫡出子を認知した上、養子とした場合、「2つの身分が排斥し合う関係にある」ため相続人の資格の重複を認められないことになります。

2.「非嫡出子かつ養子」の資格の重複【昭和43年8月5日民甲第2688号民事局長回答】

被相続人の養子が相続放棄をした後、両者の間で死後認知の裁判が確定したときは、相続人の資格は重複しますか?

先例では、「被相続人の養子が相続放棄をした後、両者の間で死後認知の裁判が確定しても、その養子は非嫡出子としての相続権を有しない(昭和43.8.5民甲2688民事局長回答・先例集追Ⅴ12頁)」とされています。

【昭和43.8.5民甲2688民事局長回答・先例集追Ⅴ12頁】
(要旨) 被相続人の養子が相続放棄をした後、両者の間で死後認知の裁判が確定しても、その養子は非嫡出子としての相続権を有しない。

お気軽にお問い合わせください。050-5891-6050受付時間 9:30-19:30 [ 土・日・祝日も可 ]

メール・LINEでのご予約・お問い合わせはこちら お気軽にご連絡ください。

●対応地域とアクセス

(1)対応地域

 当事務所は「全国対応」しております。また,原則として,主に下記の地域の方に関しましては,本人確認及び意思確認のために,面談を実施しております。(現在は,新型コロナウイルスの影響によりオンラインでの面談や郵送での本人確認についても対応しております。)

●名古屋市内全域

(東区・千種区・名東区・守山区・緑区・昭和区・瑞穂区・天白区・北区・中村区・中区・西区・中川区・熱田区・南区・港区[相生山・赤池・新瑞橋・荒畑・池下・一社・今池・いりなか・岩塚・植田・大須観音・大曽根・覚王山・金山・上社・黒川・上飯田・上小田井・神沢・上前津・亀島・川名・車道・国際センター・御器所・栄・桜本町・桜山・塩釜口・志賀本通・市役所・自由ヶ丘・浄心・新栄町・神宮西・砂田橋・庄内緑地公園・庄内通・浅間町・総合リハビリセンター・高岳・高畑・千種・茶屋ヶ坂・築地口・鶴里・鶴舞・伝馬町・東海通・徳重・中村区役所・中村公園・中村日赤・名古屋・名古屋港・名古屋大学・ナゴヤドーム前矢田・鳴子北・西高蔵・野並・八田・原・東別院・東山公園・久屋大・日比野・平針・吹上・伏見・藤が丘・平安通・星ヶ丘・堀田・本郷・本陣・丸の内・瑞穂運動場西・瑞穂運動場東・瑞穂区役所・港区役所・妙音通・名城公園・本山・八事・八事日赤・矢場町・六番町])

●愛知県全域

(春日井市・あま市・日進市・長久手市・みよし市・北名古屋市・清須市・小牧市・瀬戸市・尾張旭市・津島市・愛西市・弥富市・東郷・大治・蟹江・豊山・春日・大口・扶桑・阿久比・一宮市・稲沢市・江南市・岩倉市・犬山市・豊明市・半田市・常滑市・知多市・内海・東浦・武豊・大府市・東海市・知多市・岡崎市・刈谷市・知立市・碧南市・安城市・高浜市・豊田市・西尾市・豊橋市・豊川市・蒲郡市・幸田・新城市・鳳来[名古屋・金山・鶴舞・千種・大曽根・新守山・勝川・春日井・神領・高蔵寺・定光寺・古虎渓・中村区役所・名古屋・国際センター・丸の内・久屋大通・高岳・車道・今池・吹上・御器所・桜山・瑞穂区役所・瑞穂運動場西・新瑞橋・桜本町・鶴里・野並・鳴子北・相生山・神沢・徳重]

●岐阜県全域

(岐阜市・羽島市・各務原市・山県市・瑞穂市・本巣・羽島市・大垣市・海津市・養老郡・不破郡・安八郡・揖斐郡・関市・美濃市・美濃加茂市・可児市・加茂郡・可児郡・多治見市・中津川市・瑞浪市・恵那市・土岐市[多治見・土岐・瑞浪・釜戸・武並・恵那・美乃坂本・中津川]

●三重県全域

(桑名市・いなべ市・木曽岬・東員・四日市市・菰野・朝日・川越・鈴鹿市・亀山市・津市・松阪市・多気・明和・伊勢市・鳥羽市・志摩市・玉城・度会・南伊勢・大紀・伊賀市・名張市・尾鷲市・紀北・熊野市・御浜・紀宝)

(2)アクセス

〒464-0093 名古屋市千種区茶屋坂通二丁目69番地 茶屋ケ坂パークマンション504

お気軽にお問い合わせください。050-5891-6050受付時間 9:30-19:30 [ 土・日・祝日も可 ]

メール・LINEでのご予約・お問い合わせはこちら お気軽にご連絡ください。